スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉用具業者の見直し

昨日、睡魔に負けて「Siesta」と思い立ったmadeline♪でしたが

“こたつむり”になって間もなく立て続けに電話 → オット起きる となり

結局ネムネムのままあっという間に夜になってしまいました。



line9 素材 ラインline9 素材 ラインline9 素材 ライン



さてさて、今日のタイトルにある「福祉用具業者の見直し」について。

オットの在宅介護に備えて用意した福祉用具は以下のとおりです。


  【レンタル】

  * ベッド 
  * ベッドサイドレール
  * 介助バー
  * 車椅子(6輪 屋内用)
  * 車椅子(屋外用)


  【購入】

  * バスボード
  * 浴室用滑り止めマット
  * シャワーチェアー
  * 浴槽台(浴槽内いす)
  * 安楽尿器
  * 車椅子用クッション
  * そらまめクッション  ( ← 亜脱臼のためポジショニングが大切。
                     その名のとおり、本当に色、形ともにそらまめです(笑))


こんな感じです。

浴槽台はすぐに不要となりました。
衛生用品はレンタルではありません。。。でも、この場合の「不要」は喜ばしいことでした。
それに浴槽台無しでお風呂に入るということは肩までしっかりお湯に浸かれることになりますからね。

そして安楽尿器。これは最初オットはとても抵抗があったようで、入院中に勧められても嫌がって
いたのですが、ポータブルトイレのメンテに加えて夜間もトイレの回数が多かったオットですので
そのたびに私を起こさなくてはいけない・・・というのも気がひけたようで、またリハの先生も
その辺りを懸念されオットに勧めてくださったこともあり・・・安楽尿器にTRY。

使ってみたら案外ラクでよかったみたいです。おかげで私は夜間のおトイレで頻繁に起こされる
ことがなくなりました。それにポータブルトイレのように移動することなく、ベッドに座った状態で
用を足しますので安心です。ズボンの上げ下ろしのために立ち上がるぐらいですから。。。



ちょっと脱線してしまいましたが、今まで我が家は上記のレンタル品をすべて1つの業者さんから
お借りしていました。

しかーし、屋内用の車椅子に安全上は何も問題のないところですが、不具合が起きたので
出来たら交換していただきたいとお願いしたのが去年の秋。

そして同じ車椅子が人気のためなかなか入ってこないとのことで1週延び2週延び・・・

10月のサービス担当者会議の際に、「11月10日前後にはお持ちできます!」と。

ところがどっこい、待てど暮らせどな~んの連絡もありません。。。

「またか・・・」という思いがよぎり、こうなったら向こうから連絡があるまでアクションを起こさず
様子を伺ってみよう!と思ったわけです。

そして・・・いくら待っても連絡はなく・・・

納品が遅れるなら遅れるで電話の一本いただければすむことのなのにそれさえもなし。

これはお借りしている福祉用具は何も問題なくても信用の問題として「こういう業者さんは
もうイヤだ!」と思い、ケアマネさんや訪看さんに事情を話し、どこかいいところをご存知ないか
相談してみました。

話してみると、普通は定期的にメンテナンスに来て下さったり、例えばベッドのマットレスなんかも
交換してくださったりするということを知りました。

そうだったのか・・・

お借りしてから1年半になりますがそんなことはもちろん一度もありません。

こちらの業者さんも最初に担当して下さった方はとっても良い方だったんです。

知識も豊富でしたし人間的にも非の打ちどころがないような方でした。連絡もこまめに
くださいましたし。悲劇?はその方がお辞めになられてしまってからですね・・・


まぁ、そんなこんなでケアマネさんに新たな業者さんをご紹介いただいて、いわば業者の乗り換え、
すべてをそちらからお借りするよう話が進みました。

ところがケアマネさんと業者さんが我が家にお越し下さった際にまたまた問題発生。

担当者問題なし。メンテナンス面もお話を伺ったところ問題なさそう。それにお世話になっている
ケアマネさん、ヘルパーさんのところの関連会社のようなので我が家に出入りしている誰かに
伝えれば話しはすぐ通るとのこと。

それはラクでいいわ。

でもひとつだだけ・・・  屋内用の車椅子が今使っているものと同じものの取り扱いがなくて
サイズが幅2センチ大きくなってしまうとのこと。たかが2センチ、されど2センチ。

狭い廊下では2センチといえど大問題。

さぁ、困った!ではやむを得ず屋内用の車椅子はこのまま今までの業者さんからお借りする
ことにしますか・・・ということになりました。

元はと言えばこの話、この屋内用車椅子がコトの発端なんですけどね。。。


しかし、そこへ救世主現る!訪看さんが「どうなりました~?」と。

↑ の内容を伝えると「そっかぁ~。私が知っている車椅子をメインに扱っている業者さんに
聞いてみようか?」と。

そして早速業者さんに確認してくださって「同じものあるみたい」とお電話をいただいた上に
ケアマネさんにまで連絡をしてくださって・・・

こうしてケアマネさんや訪看さんのご尽力により新たな業者さん2か所から安心してお借り
できることになりそうです。

車椅子の方の業者さんは来週ケアマネさんとともに確認を兼ねてお越しくださることになりました。

訪看さん曰く、「もういいよ~っていうぐらい熱く語るんだよねぇ(笑)」

でも、車椅子ってとっても大事だから今からかなり期待してしまっています。

今と同じものをお借りするにせよ、やっぱり、人 対 人 、気持ちよく、そして安心できる
ところからお借りしたいです。


今回の一件でもまたまた「たくさんの方々に支えていただいているんだなぁ」と実感しました。


オットの介護をするようになって情報の大切を痛感することが多いです。

でも実際にはなかなかこういう情報って入ってこない・・・と感じることも多いです。

誰かから聞いたりする機会がなければ比較をすることなく「こういうものでしょう・・・」
と勝手に思い、ひとり納得したり諦めてしまうことも。

「遠慮しないでなんでもどんどん言った方がいい」

「ケアマネも業者もいろいろ変えて比べてみるのもいい」

そう仰られる方がいらっしゃいます。

つい「お世話になっているから・・・」 「これぐらいのことは・・・」 などと思ってしまいますが
今回、思い切って言ってみてよかったと思っています。


そうそう!例の業者さん、「ほかのところに替えます」となった途端、「来週、お持ちできます」
みたいなことを言ってきたんですよ~
それっていったい・・・

同じ車椅子が借りられる業者さんが見つかって本当によかった!と思っているmadeline♪なのでした。
  

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://madeline1015.blog33.fc2.com/tb.php/166-986d4963

Comment

hana | URL | 2009.02.19 15:30
こんにちは。
私は要介護1なのですけれど・・・退院時に用意したものはレンタルと購入合わせて、尿器以外はほぼ同じです。
浴槽台はやはり1年くらい使って、今は必要ないです。
車椅子は退院後半年ほどは使っていましたが、現在は屋内用のみ使用してます。
それは以前転倒して骨折をしてしまったから。
夫が夜の8時近くに帰宅するまでは、ずっとひとりでいるから安全、安心の為です。
それに家事って、物を運ぶ動作が多いものです。
片手で杖を使っていたら、物が運べないものでしょう。

骨折をしなかったら、介護ベッドも必要なかったものでしたけれど・・・
これからも少しずつでも身体を良くして、以上のものが減っていって欲しいです。

サービスを利用することは、やはり人で左右されますね。
私はケアマネさん。
初めの人は「ヤル気の」ない人で、途中から合わないと解ったから、代わりの人を探してから首にしてしまいました(笑)
我慢だけでは解決しないことは多いです。
言うべきことは言って、より良い状況に変えていきましょう!
hanaさんへ | URL | 2009.02.22 14:35 | Edit
ウチのオットは要介護4です。

やっぱり“人”ですよね~。
ケアマネさん、私もクビにしたことありまーす(笑)
それもオットの退院直前に。その方とのお付き合いは
実質ほんの数日でした。。。
ん?えっ?ちょっと~と思うことが多かったのと、たまたま同じ
ケアマネさんだった患者さんがいらしてそのご家族から
「あの人だめよー!ウチも変えたわよ。絶対変えた方がいいっ!」
と言われてやっぱりそうか~と。
心がないと出来ないお仕事だと思っていたのですが、残念ながら
主婦のパート感覚でやられている方が多いという現実もあるそうです。
ケアワーカーさんなんかでも「この人、なんでこの仕事してるのかしら?」と
疑問を抱いてしまうような対応をされたことがありましたね・・・
hana | URL | 2009.02.22 17:06
そうなのですか。
杖なし歩行の練習、電車での外出訓練とかと書かれていましたので、私よりもずっと回復されているとばかり・・・
私も以前は、杖無しを目標にしていましたが、骨折をしてからは諦めました。
そして、電車もバスも乗ったことがないです。

それに大抵の場合、脳内出血よりも脳梗塞の方のほうが後遺症も軽い方が多いものですから。

屋内用の車椅子の幅は大きな問題です。
家も、私がどうしてもぶつけてばかりいる・・・だから家の中があちこちにぶつけた傷や凹みだらけで、もうどうにもならない感じです。
でもまた転んで入院や手術する事を考えたら、こんな事どうでもいいことです。

最後に書かれている・・・・どこの世界ににも、どうにもならない、使えない人っているものですね。
そんな人には近づかないことが一番かと思います。
hanaさんへ | URL | 2009.02.25 12:13 | Edit
オットは本当に奇跡的に助かった人なのです・・・。
あちらの世界に片足突っ込んでしまったのですから。
左片麻痺、左半側空間無視、高次脳機能障害・・・いろいろです。
杖、装具なしの歩行練習は家の中のみ(訪問リハの先生が見えたとき)。
歩くことに固執しているオットのモチベーションを上げるために先生が
してくださっているのかもしれません。
でも、先生と雑談しながら30分ぐらい続けて歩けるようになりました。
電車やバスに乗ったのも先生と出かけた一度だけ。先生なしでは怖くて・・・
私だけではまだ出来ません。外出は専ら車です。

我が家もあちこち車椅子をぶつけたりこすったり・・・傷だらけですよ(笑)
Comment Form
公開設定

プロフィール

madeline♪

Author:madeline♪
オットの介護に追われ一喜一憂の
毎日。そんな中、たくさんの方と
お知り合いになりたくてブログを
始めてみることに(^^)  
よろしくお願いします♪

*東京在住
*オット、高2のムスメの3人家族
*ケセラセラがモットー


いまなんじ?
Thank you❤
Flashカレンダー
フォトギャラリー
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
sozai by
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。